すまいる通信

三木義和さんの
キャベツとチンゲンサイ

情熱カンパニー代表 三木 義和さん(徳島県阿南市)

一生やっていく仕事は何がいいのか?

●三木さんが野菜作りを始められたきっかけ
僕は高校まで徳島県の藍住町で過ごしました。大学と就職は神戸で、農業とは無縁のサラリーマンをやっていたのです。30歳の時に一生やっていく仕事は何がいいのか考える転機があって、そこで自分の心に響いたもの、それが「農業」だったんです。でも技術もなければお金もない。そこで香川県の大きな生産法人にお願いして2年間修行させて頂きました。その後、この阿南という地域は、農地が広く冬場は何もやっていない、後継者もあまりいないというような話も聞いて、野菜づくりをここで挑戦してみようと奮起して移住しました。それが5年前ですね。

●脱サラして一から農業をするというのはとても勇気がいると思います。
僕の中ではやれそうだというよりは、やりたい!これで食っていくんだ!という気持ちの方が強かったですね。若くして農業を始めている方と交流する中で、自分もこういう形ならやれるだろうと勉強しながら、少しずつ自信を深めてきました。ただいつだって不安は大きかったですね。

●経営としての農業もその2年で学ぶことができたのでしょうか?
農業は百姓というように百の仕事から成り立つと言われるようにかなり多くのことを勉強しないとできません。その中の一つに経営の部分というのが確かにあります。香川で修行していた時期に、生産だけでなく採算の勉強もさせてもらえた経験が大きいですが、以前サラリーマンをやっていた時の経験も役に立っていると思います。でもほとんどもう自己流ですね(笑)。

夢を叶えるってやっぱり熱い想いがないと絶対できない。

●情熱カンパニーとつけられた理由を教えていただけますでしょうか。
自分の中では夢は叶うものだという強い確信があって、今までも多くの夢を叶えて来られた。そんな大きなものではないですけれども自分なりの夢ですね。人は皆弱いのでやっぱり挫けそうになることって沢山あります。でもそんな時に叶えたいっていう夢にしがみついてそれにすがって生きて来たと僕は思っています。夢を叶えるってやっぱり熱い想いがないと絶対できない。やっぱり農業は暑い寒い苦しいですから、そんな中でも熱い想いを持った人たちがいれば、みんなで前に進んでいける。そんな会社にしたい。そんな思いで情熱カンパニーという会社名にしたんです。
今全体で30人程のスタッフが働いてくれています。『何かを欲する気持ち=夢』だと捉え、スタッフのその夢を叶えられる会社でありたいと強く思っています。 農業やってる人からは、何の会社かわからんとよく言われますけどね(笑)

●どのような事業の進め方をしていますか?
情熱カンパニーでは事業プランもみんなのアイデアで決め進めていきます。例えば『ファンになってもらう契約栽培をする』というプランがあれば、ただ注文数量を満たすだけでは無く、ヨシケイさんのように直接販売をさせてもらってお客さんからの評価をいただき商品(野菜)の味や大きさをより良いものにしていく。など、スタッフも事業に思いを持って進めています。

●これからの徳島県の農業をどうしたいですか?
今のお年寄りの方が若かった頃って人口も多かったし消費していましたよね、その頃は沢山の農家もいました。 今は生産法人の規模は大きくなっていても農家の戸数は減っている、そんな中でこの阿南市だけでなく各地域で色んな野菜ができるという徳島県全体の良さを、色んな品目が徳島県から全国に販売されていくというような、もっと言えば近隣の県も一緒になって野菜作りのコストに見合った販売価格を維持し、農業という産業が継続でき、次の世代も農業をしたい人が増えることができればいいなぁという想いがあります。どんどん地域が一つになって適正な価格でみなさんに安全でおいしい野菜を食べていただきたい。それが私が考える農業の未来今の夢ですね。

前編を見る
後編を見る

お試しキャンペーン

2人用 月―金

3,000円

から

ヨシケイを初めてご利用の方限定! 「すまいるごはん」人気メニュー1週間セットを特別価格でお試し頂けます。

 
ネットでご注文

ヨシケイをご利用中のお客様、初めてヨシケイをご利用される方でも、今すぐメニューをご注文頂けます。

 
資料請求

スマイルスタッフが、ヨシケイのご利用資料とメニューカタログ「すまいるごはん」をお届けします。

 

カタログ、メニューのお届け可能エリアは徳島県(徳島市、その他一部地域)となります。ご住所によってはお届けできない場合がございます。

株式会社H&Yヨシケイ徳島

徳島県徳島市北沖洲3-7-4

お電話でのお問い合わせ

0120-54-4471

営業時間:月−金(午前9時−午後6時)